活動報告

建設委員会 篠崎公園の工事

江戸川区議会「建設委員会」がありました。

委員会の中で行われる陳情審査において、毎回話題に挙がることが篠崎公園の工事についてです。

現在、篠崎公園の江戸川沿いの部分の大規模な工事が実施されています。

これは篠崎公園の高台化の工事です。

事業規模は、延長約420メートル、幅約150メートル、面積約6.4ヘクタールです。

高規格堤防(いわゆるスーパー堤防)の工事もセットで実施されています。

高規格堤防事業は、多くの住民の転居を伴うため、住民ヘの負担が強く、適切な選択肢ではないと考えていますが、河川に囲まれた江戸川区において、治水対策や堤防強化が必要であることは事実です。

高規格堤防以外の選択肢も模索しているところです。

なお、現在江戸川沿いを通っている道路は、この工事によって「ボックスカルバート」になります。

つまり、堤防の下を通るトンネル化されるということです。

完成図を見ていただくと、従前と大きく景色が異なることがお分かりかと思います。

江戸川区議選4日目

イベントカレンダー

3月 2024
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 2月   4月 »
PAGE TOP