活動報告

羽田空港での航空機事故の江戸川区への影響

1月2日に発生した羽田空港での航空機の衝突炎上事故を受けて、国土交通省から江戸川区に対して、次のような報告がありました。

【国土交通省からの報告概要】

羽田空港C滑走路の運用再開にあたり、都心上空ルート運用に必要な施設が損傷しており、復旧に時間を要するため、当面の間、都心上空ルートの運用ができない状況にある。

そのため南風悪天候時に、本来都心上空ルートを通過する時間帯(15時から19時)も江戸川区上空を通過するルートで運用する。

【江戸川区からの申し入れ概要】

この報告を受けて、江戸川区から国土交通省には、次の3点について申し入れを行いました。

1.当該事故により、C滑走路の運用に必要な施設が一部損傷し、南風悪天候時に都心上空を通過するルートが当面の間使用できないため、代替えとして江戸川区上空を飛行するルートを使う運用を行うことについて、安全上また首都圏の航空需要対応のための臨時的な措置と受け止めること。

2.通常の運用に早期に復旧できるよう、全力をあげて取り組みを進めること。

3.引き続き23時以降の夜間の飛行を避け、落下物対策等の安全対策の徹底を図ること。

江戸川区議選4日目

イベントカレンダー

3月 2024
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 2月   4月 »
PAGE TOP