活動報告

渡良瀬遊水地・首都圏外郭放水路 視察

渡良瀬遊水地と首都圏外郭放水路(地下神殿)の視察に行って来ました‼️

渡良瀬遊水地は、栃木県の南端に位置し、栃木・群馬・埼玉・茨城の4県にまたがっていまし。
面積33km²、総貯水容量2億m³で、我が国最大の遊水地です。
大きな洪水の際に遊水地に水を流入させて、被害を抑える機能を持っています。

首都圏外郭放水路は、埼玉県春日部市にあり、洪水を防ぐために建設された世界最大級の地下放水路です。
別名・地下神殿とも言われています。
中川、倉松川、大落古利根川、18号水路、幸松川といった中小河川が洪水となった時、その一部をゆとりのある江戸川へと流すことができます。
2002年の一部供用開始以来、毎年平均7回稼働しており、これまでの稼働回数は127回とのことです。

どちらも洪水対策としての施設ですが、河川に囲まれた地形である江戸川区には、大きな関わりのある施設です。
今回、現地の方とも意見交換ができて、これまで以上に理解を深めることができました❗

2019年 江戸川区議会議員選挙

イベントカレンダー

2月 2020
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
« 1月   3月 »
PAGE TOP